スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

琥珀夜創設・主宰 

■■■琥珀夜創設・主宰(渋谷長兼務)

□成
nari3.jpg
【呼称】成(なり)
【生年】1972年
【何者】流れの中でモノを感じようとしています。
【一言】波のように。セクシーに。さりげなく冒険。
【千年後に残っていてほしいもの】あいまいさと想像力。


☆琥珀夜について

 ときどき、琥珀夜について「目的は何か?」や「世界平和か何かの慈善団体なのか?」と
 尋ねられることがあります。
 
 創設にあたっては、友人数名と話をしていたときに、ただ「はじめてみたい」と思い立ったに
 すぎません。NPOでもなく、宗教団体でもなく、なにか営利事業を企んでいるわけでもなく。。

 強いて言うなら、何かあったかいことをしたいなぁ、とは思っていたと思います。
 そして、日常ではしないことを年に1度くらいはしたい、ということ。

 それが、「気のあう人たちと、1000年後に思いを馳せて語らうこと」でした。

 1000年後というのは、普段考えないでしょ?

 10年後や100年後は、企業や政府なんかでも考えるけど、
 1000年後というと、何かの研究者ぐらいなんじゃないでしょうか?

 毎日、あくせくし、時が過ぎていく私たちにとって、
 1000年後はどうなってるだろう?
 1000年後の人たちが、1000年前の現在を思い起こすとどんな風に見えるのだろう?
 1000年後も残っているものってなんだろう?

 と、思考や視点を1000年スイッチに切り替えると、
 日常では気づかないなるほどと思うことや、見失っていた大切なことが見えてきたり、
 新しい発想を思いついたりと、色々素敵なことが起こる可能性があると思います。


 今から1000年前というと、紫式部が源氏物語を書き綴っていた、平安時代。
 
 当時の人たちは、1000年後の現在の世界を想像できたでしょうか?

 こんなことを、ああでもない、それはそうだと語りあえる人たちと過ごす夜。

 そして、ケータイやスカイプがある現代では、遠く離れていても、
 声を交わしたり、顔を見ながら、一緒に過ごせます。

 でも、お祭りのような動的な一大イベントのハレではなくて、
 お月見のような静的な雰囲気で続いていけばいいな、と思ってます。
 ちょうど同じ時期、ハロウィンで街は仮装部隊で賑わいますが 笑

 ちょっとした季節行事として、毎年10月下旬になると、
 琥珀や琥珀色をさりげなく身につける人たちが歩いている。

 そんなのを見ると、なんだかあったかい気持ちになりそうな気がします。



 2010年11月25日 記









スポンサーサイト

[2002/10/31 00:17] ◆琥珀夜創設・主宰 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kohakuya.blog24.fc2.com/tb.php/1-23d7935e


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。